足首の捻挫

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab07-%e6%8d%bb%e6%8c%ab

足を捻挫してしまったが、大会が近いので早く治したい
運動をしたいのでしっかりしたテーピングで固定して欲しい
足首がパンパン腫れてしまって体重をかけると痛い
病院でシップと痛み止めだけ出され経過観察と言われてしまった
レントゲンでは異常なしと言われたが、痛みがあり困っている

足首の捻挫

階段を踏み外したり、段差でつまずいたり、石ころを踏んでしまった時などに足首が強く急にひねられる事によって、足の腱・靭帯・関節包などの組織が傷ついてしまう事により、負傷個所が痛んだり、はれたり、赤くなったり、青あざが出来たりします。3

 

 

  捻挫は放置するとクセになります

一度捻挫をすると関節に歪みが生まれ不安定になります。
捻挫をしてしまった際に、この歪みを適切な治療、リハビリで取り除かなければ、再び捻挫をしやすい状態(捻挫がクセになった状態)になってしまいます。痛みが取れるまで放置する、シップをはる、痛み止めを飲むだけでは、痛みを緩和する事はできても、捻挫クセは治りませんので注意してください。
2

 

当院での治療方法

治療期間はどの箇所を、どの程度痛めてしまっているかにもよりますが、痛みが消えるまでにおおよそ2~3週間ほどかかります。その後再び捻挫をしないように歪みを取り、筋肉や靭帯を再教育するリハビリをおおよそ1~2週間ほど行います
当院での主な治療方法は、患部の状態にもよりますが、患部を冷やす、捻挫自体を早く治す特殊な電気をあてる、捻挫の痛みを早く取り除く音波をあてる、足首の関節の筋肉の緊張や歪みや可動域を整える、テーピングや固定を行うなどです。
重度の場合は、ギブス様固定や松葉づえの貸し出しも行っております。
部活動の大会や、趣味、旅行などの予定が近日にある場合はご相談ください。その予定に合わせて最高の状態に持っていけるように話し合い治療プランを立てて治療致します。
捻挫の治療は初期治療が肝心です。早期にきちんとした治療を受けて、再負傷のない元通りの足首に戻しましょう。
1